公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

サポートステーションやどかり

KAIKAN-G
〒337-0043
さいたま市見沼区中川562
Tel.048-687-2834 Fax.048-686-9812

さぽすて(書道教室)
さぽすて(書道教室)

写真をクリックすると拡大表示します.

2021年度事業計画

 今年度も宿泊型自立訓練(定員16人),短期入所(定員3人),生活訓練(定員14人),生活介護(定員10人)の多機能事業に取り組む.
宿泊型自立訓練については,COVID-19の影響が大きく,精神科病院からの体験利用や退院支援が激減した.今年度は,その影響を最小限にできるよう,関係機関との連携を強化し退院支援を進めていく.
生活訓練は,昨年度より開始した訪問型訓練のニーズ把握に努め支援体制を強化する.  
生活介護は,健康増進を意識したプログラムをさらに充実させる.
短期入所は,多様なニーズに対応できるよう,市内関係機関と連携しながら進める.

2020年度事業報告

 宿泊型自立訓練,自立(生活)訓練,生活介護,短期入所の4つの事業を運営する多機能型事業所として,さいたま市内の関係事業所と連携しながら,多様なニーズに対応した.

1)2020年度の重点的な取り組み

(1)当事者支援員事業の受託

 当事者支援員事業をさいたま市より受託し,精神科病院入院中の人への外出同行など,退院する気持ちになるまで支援を継続し,退院後は外来通院の同行など地域定着支援を行った.しかし,2020年度はCOVID-19の影響で,病院からの外泊や外出が制限され,退院の予定が延期になったり,体験利用ができなくなるなど,退院支援の動きが停滞してしまった.
 2021年度は,COVID-19の影響の中でもできる支援のあり方について検討し,オンラインを活用した面会など市内精神科病院との協議を進めていく.

(2)生活介護の定員増

 5月より生活介護事業の定員を4人増やし10人とした.精神障害を対象とした生活介護事業は市内でも少ないうえに,利用希望者が年々増え,定員を増やすことは数年来の課題だった.これにより,事業全体の定員を20人から24人に変更した.
 定員を増やすと同時に緊急事態宣言となったが,感染対策を徹底し,事業を継続した.通所制限することで自宅に閉じこもったり,あるいは家で過ごせず外出し感染リスクを高めることも心配された.日々の体調管理や感染対策のための環境整備を行った.

(3)常勤看護師の採用

 自立(生活)訓練事業に常勤看護職を配置した.看護師が加わり,医療的な視点の支援を強化できた.服薬確認や健康チェック,体調の変化への適切な対応をはじめ,医療機関との調整や受診同行を看護師と相談しながら行うことができた.
 自立(生活)訓練事業では,健康課題を抱える利用者が年々増えつつあり,精神疾患だけでなく内科疾患などについて知識を深め,対応することが求められている.2021年度は,事例に基づいて学習する機会を設けていく.

(4)COVID-19感染予防対策

 集団性の高い事業所内で,感染拡大を起こさないために,感染予防対策に取り組んだ.緊急事態宣言中も閉所することなく,通所,入所とも事業を継続した.通所ができなくなることで,利用者の不安が強くなり,生活リズムを崩さないように対応した.
 さいたま市や厚生労働省の感染対策の指導に沿って対策を講じた.建物内に入る全ての人に,検温と健康チェックを行い,真冬も窓をあけての換気,手が触れる場所の消毒を定期的に行った.入所者,通所者には,マスク,手洗い,うがい,ソーシャルディスタンスを守るよう,毎日のミーティングで繰り返し伝え,注意喚起を徹底した.
 入所者が発熱した場合に個別対応できる別室を確保し,蔓延予防の対策を講じた.さらに,埼玉県感染症対策費の助成を受け,手洗いができる洗面スペースの新設・改修と,館内各所に加湿空気清浄機を設置した.
 

2)宿泊型自立訓練事業(定員16人)

 新規利用者は5人で,精神科病院からの退院者が3人,他事業所からの入所が2人だった.退所者は11人で,4人がグループホームを利用,5人がひとり暮らしに移行,1人が家族同居,1人が病状不安定なために再入院となった.
 2020年度は特に利用期間を終了して退所した人が多かった.また,精神科以外の他科受診を要する人や,知的障害や高次脳機能障害をもつ人など,看護師,精神保健福祉士,ピアサポーターなど多職種チームによる支援体制をつくり,1人1人の状況に合わせた対応を行った.まず体調を整えるための生活習慣を身につけ,金銭管理や服薬管理などさまざまな生活スキルを評価し,どのような支援が必要なのかを見極め,関係機関と連携しながら地域移行を進めた.
 宿泊型自立訓練事業を行う事業所は少なく,市内だけでなく市外,県外からの利用希望も多い.しかし,COVID-19の影響で精神科病院からの外泊の制限等があり,例年になく入所者が少ない時期があり,事業への影響は大きかった.

3)自立(生活)訓練事業(定員14人)

 登録者14人,内新規利用者は6人.利用期間を終了して退所した人は12人.終了後,就労継続支援B型事業所利用につながった人が7人,就労移行支援事業所利用となった人が2人,精神科デイケア利用が1人,生活介護利用が1人,活動支援センター利用が1人.また,訓練期間途中で体調悪化等により退所となった人が2人だった.
 地域生活への準備を目的としたグループ活動「わたげの会」では,ひとり暮らしに移行した仲間のアパートを見学したり,地域生活のイメージを作るための資源見学や話し合いを行った.2020年度,この会から4人が卒業しアパートでの新生活をスタートした.
 2020年度より,訪問による生活訓練を実施できる体制を整えたが,COVID-19の影響により十分な動きをつくることができなかった.

4)生活介護事業(定員10人)

 登録者22人,内新規利用者は3人.年齢は26歳から84歳と幅広い.利用終了となったのは3人で,他事業所への移行と体調不良が理由である.
 健康課題を意識したプログラムを実施し,特に体操プログラムでは,1年間継続した人たちは,姿勢の改善や筋力アップの成果が見られた.おやつを手づくりするカフェプログラムでは,毎回話し合いを中心に進めたことで参加意欲が高まり,協力し合いながら作業を進められるようになった.新たに開始したアートクラブでは,作品づくりを共同作業することで仲間のつながりを深め,季節のアート作品を展示することで外出自粛のこの一年を賑やかにしてくれた.

5)短期入所(定員3人)

 COVID-19の影響で,利用希望に応じられない時期もあり,利用率は30.7%とかなり少なかった.2020年度の新規利用者は3人で,市内関係機関からの紹介が主だった.
 利用目的としては,家族と距離をとるため,体調悪化時に入院せず乗り切るため,住環境を整える間の準備期間としての利用など,多岐にわたった.
 短期入所の利用をきっかけに,単身生活に移行した人など,短期入所の利用がその人の次のステップに移っていく足がかりになった.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.