公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

ルポーズ

rupose-pic

喫茶ルポーズ

〒330-0834
さいたま市大宮区天沼町1-136-2
Tel.048-657-0202
Fax.048-657-0202

ルポーズメニュー1
SONY DSC
13901422_1589235904709515_9223333337133716059_n
ロゴ(HP用)
ルポーズメニュー1
SONY DSC
13901422_1589235904709515_9223333337133716059_n
ロゴ(HP用)

写真をクリックすると拡大表示します.

2020年度事業計画

・事業:就労継続支援B型事業
・定員:20名 現員37 名

 ①  事業について
 作業内容としては,喫茶店運営,外部販売,ギャラリー運営,菓子製造販売,農作物販売などを行っている.
 喫茶店運営を柱に据え,来店客数や外部販売先の増加をはかり,収益の維持向上,仕事量の拡大も目標とする.これまで取り組んできた「地域の中の憩える場」として,ギャラリースペースの充実や,菓子製造部門の注文販売にも対応していく.夏秋期における梨の販売も継続して取り組み,収益の向上をめざす.
 事業運営委員会も継続的に組織し,話し合いの場,考え合う場を大切にする.業務内容の充実や発展とともに,環境整備に配慮していく.
 ②  労働を支える
 食品衛生に関する知識向上や,他事業所の運営,飲食店経営に関する研修等を行い,業務全般に対する質の向上を目指していく.
 「接客・調理技術の向上」や「次のステップアップのために」等の個々の目標を大切にし,その実現に向けて取り組めるように、また新規利用希望者の受け入れも積極的に行っていく.
 これからの活動づくりについては,やどかりの里の働く場全体を意識しつつ,ルポーズの特色や特徴をふまえ,中長期的な視点でメンバー・職員で検討,決定していく.

2019年度事業報告

 定員20人.新規利用者1人,退所者11人(一般パート1人,障害者雇用1人,他事業所利用2人,在宅7人)
 登録者37人(3月末).

 まごころ分場(従たる事業所)を廃止し,喫茶ルポーズとして新たなスタートを切った.喫茶店舗・ギャラリー運営,弁当製造販売,農作物販売,菓子製造販売を主な事業として取り組んだ.
 次のステップへ進む人も4人いたが,その他の退所者7人,新規利用者は1人であった.見学相談は6件だった.

1)各事業の取り組み

 喫茶店運営事業は年間営業日250日(喫茶店営業日240日,その他イベント等の外部販売10日),店舗来店客数7,206人(前年度7,200人),売上総額は弁当販売事業の大幅縮小により9,123,000円(前年度13,593,000円)となった.2019年10月より消費税が増税され,それに伴う値上げも実施したが,その後の来店客数に大きな変動はなく,例年並みの実績となった.ギャラリー運営も変わらず,利用予約も1年先まで予定が決まっており,毎月の展示販売を楽しみに来店するお客様もいた.
 弁当販売を縮小する一方で,「彩の国すこやかプラザ」,埼玉県立小児医療センター内「お菓子屋マーブル」で販売を開始し,新たな顧客を獲得した.販売日の増加を目標としたが,現状維持にとどまった.サポートステーションやどかりでの出張販売は継続して行った.年度末における新型コロナウイルス感染症の影響で,その他の各種イベントにおける出張販売が中止され,売り上げ減少の一因となった.
 農作物販売は,これまでどおり夏秋期における梨販売(贈答用217ケース:昨年度より13%減,店頭袋売り74袋:68%減)を行い,販売調整等のミスもあり,注文をお断りするケースもあった.次年度はしっかり対応していきたい.
 菓子製造販売事業は,注文依頼が前年同様あったが,年度末のイベント自粛による影響を受け,売り上げは減少した.店頭販売や障害者交流センター内「むすび食堂」でも継続して販売を行い,総売上額は維持することができた.

2)事業所運営について

 ルポーズ事業運営委員会を毎月1回開催し,店舗営業に関する話し合いを継続的に行った.毎月の収支報告やメンバー相互の関わり,仕事の進め方等を検討した.
 研修を目的としてhikari no café(エルム福祉会,栃木県大田原市)を見学をした.店内インテリアやメニューの表示法,盛付けや食器の使用法など,各自が大きな刺激を受けた.その他食事会等も行い,親睦を深めた.
 近年の防災対策として,地震や火災の他に風水害への対策を行い,さいたま市防災センターを利用しての総合訓練も行った.
 例年行ってきた食品衛生に関する講習会や,技術習得に関する勉強会などが開催できなかったことが,次年度に向けた課題である.

3)次年度に向けて

 前年度のまごころ分場の閉鎖による弁当事業廃止の売上減を受け,下半期から時給額を下げる決断をした.7月にルポーズの運営を考える会(全25人参加)を開き,収支状況を率直に話し合った.働くメンバーの総数は減ったが,個々の働きたい希望時間の増加にも時給額は左右される.一般就労などへの希望を持ち,次に向かっていくメンバーも応援しながら,メンバーの希望に沿った事業所運営を行っていくことが確認された.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.