公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

すてあーず

stairs
〒337-0042
さいたま市見沼区南中野844-22 イエローハウス
Tel.048-688-8223 Fax.048-687-4483

DSC00157
IMG_0110
IMG_0130
IMG_0138
20170324_155905
091
090
097
DSC00104
2014-05-30-16.46
DSC00157
IMG_0110
IMG_0130
IMG_0138
20170324_155905
091
090
097
DSC00104
2014-05-30-16.46

写真をクリックすると拡大表示します.

2018年度事業計画

・事業:就労継続支援B 型
・定員:20 名 現員:41 名
・作業内容:リサイクルショップの運営,布・革製品の製作販売
 ① 事業について
 今年度も話し合いをもとにメンバーの意見を反映した活動づくりを進める.
 店舗部門においては,昨年度作成した3R(リデュース・リユース・リサイクル)ポリシーに基づき,地域の中の「もったいない」思いをつなぐ店舗運営を行っていく.製作部門とも連携し,布ぞうりの製作などリメイクにも取り組む.
 製作部門では,昨年度に引き続き,革の技術指導を受けながら技術力と生産力の向上を目指す.
 ② 労働を支える
 就労の目標や働き方が多様になっている中,それぞれの「働きたい」思いを大切にしながら,作業の拡充,働きやすい職場環境の整備に取り組む.また,埼玉県障害者アートネットワーク(TAMAP ±0)に参加し,アートとしての製作活動について情報交換しながら,メンバーの活躍の場を広げていく.

2017年度事業報告

 定員20名.今年度の新規利用者は5人.退所者7人(他事業所利用4人,在宅3人)となり,登録者数41人(3月末)

1)すてあーずの取り組みの意味を再確認

 今後の事業展開を考えるにあたり,製作部門の営業用パンフレットづくりとリサイクル活動の方針づくりに取り組んだ.
 製作部門では,企業とのつながりができたことで,すてあーずのものづくりのこだわりや思いを伝えることが必要になり,改めて話し合った.「手づくりの価値にこだわり,世界にたった1つのものを通して,社会とつながる」「自分たちのつくるものに誇りを持てるよう丁寧につくりあげる」ことが伝えられることを目指した.
 店舗部門については,リサイクルの「3つのR」(リデュース・リユース・リサイクル)について学習し,すてあーずとして取り組むリサイクル活動の方針を「3Rポリシー」としてまとめた.不用品を寄付してもらい売ることは,お客様の「もったいない」思いをつなぐことであること,布ぞうり製作などリメイク作業はごみを減らす取り組みであることなど,時間をかけて確認した.メンバーからは,「普段仕事としてやっているリサイクルがお客様や社会に役立っていると感じられた」「糸切りの仕事にも意味があることがわかって,これからも頑張りたいと思った」などの意見が出された.今年度作成した3Rポリシーは,店内に掲示し,寄付品受け取り時などお客様にも説明している.

2)製作部門

 今年度も,講師による月に1回の技術指導を受け,革作業の技術向上に取り組んだ.プロから指導を受けることによって,年々技術がアップしており,それぞれがよりよい製品を製作していきたいという思いを強くしている.その技術を生かし,今年度も新製品の開発や製品の改良にも取り組んだ.製品開発については革講師や埼玉県障害者アートネットワーク(通称TAMAP±0)でのアドバイスや意見をもとに製品化し,企画展などに出店した.企画展に出品したことで,目にした企業からインターネットでの販売について声をかけてもらうなど,販路拡大にもつながっている.新製品の開発については,ミーティング等の場で議論しながら進めていくことが不十分だったため,来年度意識的に取り組む.
 また,やどかり農園から提案を受け,革製の野菜ブローチ,精麻のブレスレットなどコラボ商品の開発を行った.事業所間連携の取り組みの1つとして,今後も継続していきたい.

3)店舗(リサイクル)部門

 東京ソラマチなどでの販売実績がある企業とつながりができ,下半期からリサイクル浴衣を材料にした布ぞうりの製作が本格化した.材料調達のため,法人内はもちろん,関係機関や地域に浴衣の寄付を募るチラシを配布し,協力を依頼した.結果,今年度220足を製作することができた.浴衣を布に戻すための糸切り作業には,サポートステーションやどかりややどかり農園の協力を得た.作業を見ていたお客様から,「作り方を教えてほしい」という声が上がっており,ワークショップの開催なども視野に入れ,事業展開について検討を進めていく.

4)今後に向けて

 売上を伸ばし工賃を上げていくため,販路拡大などに取り組む一方で,生産力が上がらず,常に製作に追われてしまうことが課題である.手づくりにこだわり,1つ1つよい製品を生み出す努力をしつつ,生産性も高めていく必要がある.技術力アップと併せ生産性向上のための取り組みを進める.
 一方で,年齢や障害の状態など,登録者の層も幅広く,生産性や技術力の向上だけではなく,1人1人が健康を保って働ける環境づくり,仕事づくりも重要である.メンバーの意見を反映させた活動づくりを継続していく.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.