公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

ルポーズ

rupose-pic
〒330-0834
さいたま市大宮区天沼町1-136-2
Tel.048-657-0202 Fax.048-657-0202

ルポーズメニュー1
SONY DSC
13901422_1589235904709515_9223333337133716059_n
ロゴ(HP用)
ルポーズメニュー1
SONY DSC
13901422_1589235904709515_9223333337133716059_n
ロゴ(HP用)

写真をクリックすると拡大表示します.

2017年度事業計画

ルポーズ

・事業:就労継続支援B型事業
・定員:20人 現員:23人
・作業内容:喫茶店運営 菓子製造販売 農作物販売

 ① 事業について

 昨年より引き続き,(1)コミュニケーション能力の向上と獲得,(2)生活リズムの安定,(3)自立・自律(社会性の向上と獲得)をルポーズ3本の柱として掲げ,取り組む.
 事業運営委員会も継続的に組織し,事業に関わる全ての事柄に対して検討,決定し,実行していく.
 技術習得,向上のために毎月1回の研修日を設ける.食品衛生に関する知識獲得のための講習会を行う.
 菓子製造,販売事業を拡大し,常時店頭販売できるような体制の確立を目指す.
 各種イベントでの出張販売や事業所見学,親睦会などの行事も継続し,仲間づくりも大切な目的として取り組む.家族懇親会も開催する.
 広報誌での宣伝,周辺地域への広告ポスティングも継続して取り組む.
 売上や客層などの客観的データに基づき,店舗営業の向上につなげていく.

 ② 労働を支える

 個々の目標の達成に重点を置きながら,充実した業務内容,仕事のやりがいにつながるよう,話し合いを重ねながら進めていく.

2016年度事業報告

ルポーズ

 定員20人.新規利用者3人,退所者6人(障害者雇用2人,他事業所利用3人,在宅1人),登録者23人(3月末).

1) 年間を通した取り組み

 収益事業は年間営業日250日(喫茶営業236日,その他イベント等の出張販売14日),店舗来店客数5,461人(前年度比94%,325人減)となった.売上額は628万円(前年度比95%,31万円減)という結果となった.
 今年度は特に菓子製造と販売に注力し,本格的に取り組んだ1年となった.店舗内売り場の整備,外部委託販売の開拓,出張販売の機会増加,季節を意識したデザートメニューの多様化にも取り組み,確実に販売数が増えた.今後も収益を目指すとともに,より多くのメンバーが取り組める仕事となるよう,業務の効率化を行っていく.
 販促活動として近隣へのポスティング(5千部)を定期的に行った.情報誌にも広告等を(1万部)掲載し,より広いエリアに対するプロモーションも続けながら,新規顧客,リピーターの獲得を目指した.来店顧客のデータ(年代や滞在時間,人数など10項目)も調べ,今後の店舗改善に役立てていく.
 店頭看板やメニュー表の美観や表現方法などにも工夫を凝らし,改善を重ねた.
 店内の壁を地域の作家(絵,写真,書など)に展示してもらう画廊コーナーも,ここ数年の予約状況は変わらず,1年以上先まで埋まり,定着している.雑貨販売コーナーも同様であり,売上も増加した.利用規約の整備も行い,より魅力のある画廊コーナー,雑貨販売コーナーづくりを目指す.
 毎年,夏から秋にかけて取り組んでいる梨販売事業は,例年並みの顧客と販売数,収益を維持できた.店舗休業日を利用して「自然栽培の野菜を食べる会(やどかり情報館と共催)」の開催,「里っこ祭り(やどかりの里3地活と共催)」も行い,多くのメンバーと地域のお客様でにぎわいを見せた.

2) 事業運営について

 事業運営委員会を毎月(全11回)開催し,運営に関する話し合いを重ね,決定し,変更を行った.また店舗休業日にルポーズ研修(原則毎月1回)を行い,基礎的な調理技術や接客態度の確認,技術習得や向上を行った.「ルポーズ運営変更会議」「店の目標を考える会」「来年度の運営方針を考える会」も行い,多くのメンバーとの話し合い,合意を基に運営を考え,進めてきた.一方で,「親睦,研修,遊びを目的とした企画運営を行うイベントミーティング」の継続が,メンバーの減少等で難しくなり,実施できなくなったものもあった.その他,食品衛生研修やルポーズ家族懇親会は計画したが実行できず,次年度の課題である.

3)ステップアップの役割として

 「もっと体力をつけて次を目指したい」「コミュニケーションの取り方を学び,次を目指したい」「まずは仕事を覚えること」「カウンターの仕事をもっと上手にこなしたい」「メンバー同士で声をかけあって,スムーズに料理を提供したい」など,各メンバーがそれぞれの目標や目的,意識をもって,ルポーズで働いている.技術を習得し,自信をもって店舗の営業に取り組むメンバーや,次に進むメンバーの姿を見て,刺激を受けながら自分の目標が定まったり,高まるという周囲への好影響もある.個々の働く目的に沿った支援と目標達成のために,他機関とも協力しながら取り組んでいく.

4)次年度にむけて

 「ルポーズで働きたい」と思えるような仕事づくり,職場環境の整備とともに,ルポーズで経験を積んで次を目指すという意欲の醸成,さらに日々来店してくださるお客様のための「街の喫茶店」というように,さまざまな期待と役割,必要性を意識しながら,今後も改善を重ね,ルポーズに関わる人たち全員で取り組んでいく.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.