公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

エンジュ

enjyu20120624
〒337-0042
さいたま市見沼区南中野286-1
Tel.048-686-7875 Fax.048-686-7985

IMG_0185
本日のレシピ説明
IMG_3410
IMG_2700
IMG_2698
IMG_2695
P1010733
IMG_2916
IMG_2398
IMG_0185
本日のレシピ説明
IMG_3410
IMG_2700
IMG_2698
IMG_2695
P1010733
IMG_2916
IMG_2398

写真をクリックすると拡大表示します.

2016年度事業計画

エンジュ

事業:就労継続B型支援,就労移行支援
定員:B型30人,移行6人
現員:B型62人,移行7人
作業内容:昼食・夕食弁当製造・宅配,会議等の弁当製造販売,製菓製造販売,軽作業
 

①  事業について

 弁当製造販売は,昼食数の増,夕食でも委託区域が1コース増える見込みである.
菓子製造でも注文が増えており,ルーチンで製造できる体制を整えていく.
 

②  労働を支える場として

 エンジュで働き始めた人や業務上の研修,旅行などイベントを行う.
 

③  就業移行支援事業

 やどかり情報館の就労移行支援事業と連携し,個別支援やプログラムに取り組む.
 

④  地域への発信

 近隣に「よみさんぽ」や「エンジュ通信」を定期的に配布する.「配食ネットワーク見沼」など見守りのネットワークに参加する.
 

⑤  家族との連携

 活動の情報共有や家族間の交流を図るため,ニュースの発行や懇談を行う.

2015年度事業報告

エンジュ

 定員36人(B型支援30人,就労移行支援6人).新規利用者23人(B型支援12人,就労移行支援11人)退所者20人(B型支援6人,就労移行支援14人)就労者4人,登録者69人(B型支援62人,就労移行支援7人)となった.
 南中野に移転して3年が経過した.地域の高齢者の健康を考え,18年間個別宅配を行ってきた.働く人たちの食生活を見直すため健康講座を4月から開始した.無理せず健康を維持して働くことを基本に,旅行や忘年会,花見などのイベントを楽しみ,仲間同士の横のつながりと働きやすい職場を目指した.
 作業内容は,昼食・夕食弁当製造・宅配を中心に会議等の弁当製造販売や地域イベントへの出店,製菓製造販売にも力を入れた1年となった.また,働くメンバーの個々の働くニーズに応え,働く時間を徐々に増やしていくメンバーも増えてきた.

1)弁当宅配事業

(1)昼食事業

 年間33,215食,1日平均140食の提供を行った.新規お弁当利用者は25人,中止26人,個別お弁当利用者数61人,外部事業所5か所,やどかりの里事業所8か所に提供をした.利用者増減はなかったが,毎日利用する方が増えてきたこと,イベント食を定着させてきたことなどで1日の食数が180食を超える日があり,食数増へとつながった.食数が増えてきたことでの当日注文の対応が今後の課題となった.
 新規利用者の多くは,食生活を安定させることで体調を整えたり,金銭面で安定を図りたいとの理由でやどかりの里のメンバーからの注文が多かった.弁当宅配は安否確認と見守りも兼ねており,宅配不在時の対応を6件行った.毎年不在者対応を行ってきていることで,配達員の意識の向上が早めの対応へとつながった.

(2)夕食事業

 年間24,704食,1日平均101食の提供を行った.今年度もさいたま市在宅高齢者等宅配食事サービス事業の見沼区・大宮区・緑区の一部を受託したほか,やどかりの里の地域活動支援センターから食事提供業務を受託.また,近隣で個別に対応が必要な人に食事提供を行った.
 来年度は受託地区が1コース増えることで
夕食食数増は見込まれるため,事故のない体制を整えていくことが課題だ.

(3)菓子製造販売

 例年注文を頂いている看護学校や幼稚園の他,老人ホームで毎月開催するお茶会用のお菓子や隔月開催するお誕生日会用などお客様の口コミでオーダーが入り, 定期的な製造・販売につながった. 菓子製造に関わるメンバーは1人であったが,大変さの中にも楽しさとやりがいを見つけ,1人での製造を行えるようになった.今後は定期的に製造できる体制づくりと菓子製造に関われるメンバーを定着させることが課題である.

(4)軽作業

 昨年度より企業からの請負業務を導入した.歯科で使用するデンタルシートや検査用パンツなどの袋詰めを行った.病院内で使用する商品のため衛生的に行うことや週単位でノルマを達成する仕事に真剣な眼差しで取り組むメンバーが増えてきた.今後は,1人1人の得意なことを活かしていけるよう作業を細分化し,それぞれが責任感をもって取り組んで働く機会を増やすことができる環境を整えていく.

(5)配食ネットワーク見沼への参加

 3か月に1回,見沼区内の配食ボランティア2団体と,さいたま市西部圏域地区の地域包括支援センターとで,さいたま市社会福祉協議会見沼区事務所で会議を開催した.各活動の情報交換を行った.介護保険改正に伴い,地域包括圏域エリアが分かれ,エンジュは,西部圏域エリア外となったが配達先エリアが重なることもあり,引き続き継続して参加した.

2) 障害のある人の労働を支える場として

(1)働く場の環境整備

 1年間を振り返る機会を持った.
 「以前は病気で動きが悪かったが,エンジュで働くようになって1年で動きがよくなった」
 「なかなか仕事がきつく時間を延ばせないでいるが,もう少し頑張ろうと思っている」
 「休まず来れた1年.仲良くスムーズに仕事ができてよかった」
 「エンジュに通って生活リズムがよくなった.このままよくなっていくといい」
 「最初は洗い場,次のステップアップとして仕込仕事に慣れつつある.希望がかなって喜んでいる」
 「たまに遅刻もしちゃうけど,なんとか来られた.旅行委員を経験し,調べるのに大変だったけどやり遂げた感があった」
 「エンジュはとても楽しく覚えることもたくさんあっていい」
 「いろいろ勉強させられることが多く,とても嬉しい」
 「軽作業や配達をなりゆきで受け持った.しかし,配達は社会勉強にもなる.勉強させてもらいながらやっている.今は中途半端になっているのでもう少し深くやっていきたい」
 「5年目を迎え,溜まった疲れが出て休んだり,1日の働く時間を短くした.運動して体力をつけて働く時間を延ばしたい」
 振り返りの中で,体調を崩しながらも何とか休まず1年を通して働くメンバーが多かった.また,休みがちであったメンバーも,厨房以外の仕事や責任ある仕事を担うことで,継続して働けるようになった.継続して働くことの大変さはあるが,継続することによって,働く人たちの成長が見られた1年であった.

(2)受付ミーティング

 受付業務を担当するメンバー7人で毎月1回定期的に開催した.受付業務も多肢に渡り,午前中の電話が集中するため2人態勢で行い,互いに協力し合い受付仕事に取り組んだ.会議では,電話対応の仕方,仕事の流れの確認,仕事の引継ぎなどさまざま問題点を出し合い共有した.また,仕事のミスをなくし,円滑な引継ぎができるよう業務チェック表を再度作成した.今後は,情報共有や意見交換を行い,受付の仕事のために必要なスキルを身につけていくことが課題となった.

(3)ダイエットプログラム

 メンバーの健康維持のために定期的に体重測定や食事内容などを管理栄養士が点検した.第1期(4月~9月)5人の参加があった.メンバー自身の提案により,調理実習を開催した.食事をしながら楽しく幸せにダイエットのモチベーションを維持させていた.第2期(10月~3月)6人の参加があった.エンジュの非常勤職員の力を借り,本格的なフラダンスを行った.いろいろな角度から,誰かといっしょに食事と運動のバランスをとりながら,無理をせず楽しくに取り組むことが継続につながっている.また,生活習慣の改善も自然に身につき,この意識改革をエンジュ全体に広げていく.今後も,目的意識の再確認と共に一人ひとりが抱えている問題をチームの力にし,少しでもいい方向に向かうよう全員でゴールを目指していく.

(4)エンジュ通信委員会

 メンバー2人と職員1人の委員体制で,年4回発行.地域へエンジュ通信を届けた.紙面は,働くメンバーの声,お弁当利用者の声,地域で働く人の声などを載せ,インタビューから校正,配布までをメンバーの仕事として行った.

(5)文化部

 自由に表現する絵やデッサンなどを描く「創作クラブ」を毎月1回土曜日に開催した.芸術に限らず,字の練習や編み物をするなど「文化」を楽しむ時間となった.毎回5人前後の参加があり,気楽にゆったりと過ごす時間を楽しんだ.
 働く人の声などを載せ,インタビューから校正,配布までをメンバーの仕事として行った.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.