やどかりの里は,さいたま市を拠点として,精神障害(主に慢性の統合失調症)のある人たちが,地域で安心して暮らしていくための支援活動を行っている団体です.“ごく当たり前の生活を求めて”始まった私たちの活動は,効率だけが優先される社会ではなく,一人一人が尊重され大切にされる社会を,そして,障害のある人も一人の市民として共に生きる街づくりをめざし,活動しています.

市民による運動
 やどかりの里は1970(昭和45)年に活動を開始し,1973(昭和48)年5 月に法人設立が認可されました.
1987 年(昭和62)年に精神保健法が制定されるまでの間,精神障害がある人は,法的に障害者と見なされず,福祉的な活動は公的にも認知されませんでした.そこで私たちは,活動の公共性と公益性を再確認し,誰もが運動の担い手となれること,そして,主体化された市民が組織を運営していく仕組みとして,社団法人を選択し,活動を開始しました.
 公的補助金のない約20 年間,やどかりの里の活動を支え共に担ってきたのがこの社団法人の会員です.
 財政面はもとより,活動でも会員が支えてきました.会員はメンバー(やどかりの里を利用する当事者をメンバーと呼ぶ),職員はもちろん,メンバーの家族,医療保健福祉の専門家,地域の協力者,一般市民等,幅広く構成されています.

広がりのある運動体
 やどかりの里は,その時その時の状況やメンバーの希望,社会の動き,流れによって変化してきました.
やどかりの里を利用しながら地域の中で生活しているメンバーの要請に応じて,地域の中で必要な資源を模索しながら,様々な活動を生み出してきたのです.
 現在は,約300人を超える障害のある人がやどかりの里を利用し,地域生活を送っています.
地域に根ざした活動をさいたま市の障害者計画にも参画し,さいたま市から委託された障害者支援の仕事を積極的に行っています.また,全国各地からの見学者も多く,保健・福祉・医療の大学等との連携も行っています.
 2011年12月には,公益社団法人として認可されました.

1人1人が主人公

 やどかりの里では,関わる1人1人が主人公です.互いの意見や考え方を尊重しながら,学び合い,話し合いに基づき創造的な活動を展開していきます.
 病気や障害があっても健康を守って暮らすこと,働くこと,活動することを大切にします.病気や障害の体験から学び,体験や実践から生まれた知恵をみんな(社会)の知恵にしていきます.
 さいたま市で,埼玉県で,そして全国各地で思いを同じにする人たちと力を合わせ,知恵を出し合い,声を合わせ,障害や病気があっても「生きていてよかった」と実感できる地域づくりを目指します.

やどかりの里の活動方針

1.主体的に活動に取り組む
 社会情勢を正しく捉え,やどかりの里の将来を切り拓いていくため,そして,1人1人が自分の人生の主人公となっていくために,主体的に学習・活動・運動に取り組みます.

2.福祉的な支援の充実
 精神障害からの回復,社会参加を進めるために,医療的なケアとは一線を画した福祉的な支援をさいたま市や関係機関と連携し,地域の中に拡充していきます.

3.患者中心の精神科医療の実現
 精神疾患を持った人たちが,安心して,納得して治療を受けられるように患者中心の精神科医療が求められています.やどかりの里は,関係者と理解を深め合い,粘り強く患者中心の医療の実現に向けて取り組みます.

4.協働の活動づくり
 競争社会とは異なる方向で,働くことで人間として成長することが保障され,地域の住民や他の障害者施設との共同の取り組み,企業や労働関係部局との連携を進めながら,働く場所を広げていきます.

5.社会保障・権利擁護の推進
 やどかりの里の活動に悪影響を与える障害者自立支援法は,社会保障・人権擁護の後退です.すべての市民に理解を広げながら自立支援法の改善運動に力を尽し,社会保障・権利擁護の推進に努めます.

6.協力者の輪を広げる
 障害者施策の変動の中で財政的な危機が予測されます.やどかりの里の運営基盤を安定させていくために,各活動を充実させ,同時に賛同者・理解者・協力者の輪を市内・県内・国内に広げていきます.

7.地域づくりを目指して
 やどかりの里の活動に求められる公共的な役割を明確に意識し,他の障害者施設や障害者団体との連携・連帯を強め,そのつながりを多くの市民に広げ,地域づくりを意識した活動を進めます.

活動実績

1970(昭和45)年 大宮市七里(現さいたま市見沼区風渡野)に中間宿舎としての活動を開始
1972(昭和47)年 大宮市(現さいたま市見沼区)中川に移転,機関紙「やどかり」創刊
1973(昭和48)年 法人設立(社団法人),初代理事長に岩本正次就任
1974(昭和49)年 調査研究部門(現「やどかり研究所」)設置
1977(昭和52)年 やどかり出版事業開始,家族の会「浜砂会」が発足
1981(昭和56)年 理事長に谷中輝雄就任
1982(昭和57)年 埼玉県より初めての助成金(年間50万円)がつく
1988(昭和63)年 「保健文化賞」受賞
1990(平成 2 )年 「やどかりの里授産施設」,「やどかりの里援護寮」を開設
1992(平成 4 )年 「キワニス社会公益賞」受賞 グループホームを設置,作業所「ドリームカンパニー」,「あゆみ舎」を開設
1993(平成5 )年 作業所「アトリエなす花」,「食事サービスセンターまごころ」を開設
1995(平成7 )年 作業所「喫茶ルポーズ」を開設
1997(平成 9)年 福祉工場「やどかり情報館」,通所授産施設に「食事サービスセンターエンジュ」開設
1998(平成10)年 「浦和生活支援センター」を開設
1999(平成11)年 世界心理社会的リハビリテーション学会の世界の先進的リハビリテーション活動「ベスト・プラクティス」に選ばれる
1999(平成11)年 「大宮東部生活支援センター」,「大宮中部生活支援センター」を開設
2001(平成13)年 作業所「You遊」を開設
2002(平成14)年 会長に谷中輝雄,理事長に土橋敏孝就任
2011(平成23)年 公益社団法人に移行認定
2012(平成24)年 「毎日社会福祉顕彰」を受賞