公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

メンバー交流会

集合写真

2017年度活動紹介

メンバー交流会

 例年通り,年2回以上のやどかりの里メンバー交流会を開催し,より多くの仲間と知り合い,語り合えるような交流を図る.メンバー交流会を企画,運営するメンバー交流会議を定期的に開催する.やどかりの里に関わるすべてのメンバーに呼びかけ,交流会議に参加するメンバーを増やし,つながりを大切に取り組んでいく.

2016年度活動報告

メンバー交流会

1)今年度の取り組み

 「メンバーの横のつながり」「いろいろな人たちとの出会い」「やどかりの里の将来像を考え合う」「メンバーの力を反映させる仕組みづくり」をコンセプトに,今年度もメンバー交流会を2回開催した.メンバー交流会を企画,運営するためのメンバー交流会議を7回開催した.

2)メンバー交流会について

 第8回メンバー交流会バーベキュー大会(5月25日,さぎやま記念公園キャンプ場)を開催した.80人以上の参加があり,多いに楽しんだ.今回で3回目の開催となり,準備や火おこし,当日の運営など多くの人たちと協力しながら,運営できた.
 第9回メンバー交流会カルタ&カタル(語る)会を2月22日(水)に行った(障害者交流センター大ホール).55人の参加となった.以前に作成したやどかりカルタを使用し,例年通りの熱戦が繰り広げられた.今回はこれまでの交流会として初の試みで,カタル会と称し,やどかりの里が前年に行った40代家族同居の状態調査と単身生活者の聞き取り調査を受けて,小グループに分かれての意見交換会を行った.参加者からは「報告を聞くだけでなく,本音を言える機会となってよかった」「生活をしていく上でのアドバイスが聞けた」「いろいろな人の話が聞け,また自分の話ができた」など,学びの機会,自分の生活を振り返る機会となった.メンバー交流会議でも大会を振り返り,今後も話し合いの機会を継続し,大切にしていくこととした.

3)情報を発信する

 第20回日本健康福祉政策学会学術大会in埼玉におけるポスターセッション発表を行った(同内容を研究所報告集会でも発表した).「メンバー交流会議のあゆみとこれから」と題し,自分たちの歩みを振り返り,発表することで,メンバー交流会議の意味を再確認する機会となった.

4)今後の取り組み

 「話し合いの企画を,今後も続けていきたい」「もっとやらないと,と思っていたけど,このままでいいんだなと思えるようになってきた」「短い準備期間でよくやっていると思うが,スムーズに運営できない部分もあった」等,年度末の振り返りではさまざまな感想があがった.これからもメンバー交流会の4つのコンセプトを大切に活動を進めていく.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.