公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

よみさんぽ

yomisanpo_21 2017.4.30 第21号
特集 人が人を呼ぶ地域の居場所「てらこや新都心」

 高層ビルやショッピングモールの立ち並ぶさいたま新都心駅から10分ほど歩くと,都会の風景を背にして,不思議なくらい静かな空間が現れます.ゆったりとした広い敷地に建つ築50年ほどの木造の民家が「てらこや新都心」です.
 道に面した和風でシンプルな外観のカフェと,その奥に小さな池のある庭と懐かしい雰囲気の玄関が見えます.
 この「てらこや新都心」は2014(平成26)年4月のオープン以来,子どもから大人まで多くの人が集う地域の居場所として親しまれています.今回は,運営スタッフの大場明美さん,佐藤裕子さん,長谷川俊博さんの3人にお話を伺いました.

>>続きを読む

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.