公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

浦和活動支援センター

urawa-k-006
〒330-0074
さいたま市浦和区常盤9-19-5 岩淵ビル3-C
Tel.048-835-5020 Fax.048-835-5021

お母さん達と作るランチ
北浦和公園でお花見
折り紙の会
折り紙で作ったカエルで高跳び勝負!
初詣
好きな本を紹介し合うブックカフェ
やどかり農園で農業体験
やどかりの里大バザー準備中
クリスマス&忘年会
お母さん達と作るランチ
お母さん達と作るランチ
北浦和公園でお花見
北浦和公園でお花見
折り紙の会
折り紙の会
折り紙で作ったカエルで高跳び勝負!
折り紙で作ったカエルで高跳び勝負!
初詣
初詣
好きな本を紹介し合うブックカフェ
好きな本を紹介し合うブックカフェ
やどかり農園で農業体験
やどかり農園で農業体験
やどかりの里大バザー準備中
やどかりの里大バザー準備中
クリスマス&忘年会
クリスマス&忘年会

写真をクリックすると拡大表示します.

2016年度事業計画

浦和活動支援センター

 登録者(45名)の約7割が家族同居.住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるため,仲間や地域資源とつながる場としての機能が求められる.家族同士が交流する場としてのニーズも高い.
 そこで,まず身近に相談できる場,気軽に来所し,安心して過ごすことのできる憩いの場づくりと環境整備を行う.季節の行事,かわら版の発行,グループ活動,学習会等への参加など,登録者同士が交流を深める機会,ウォーキング,水曜ランチなど健康や体力の維持増進をはかる機会を持つ.さらに,ブックカフェ,食と農のワークショップなどを通じて,楽しみや生きがいを見つけ,地域の人との交流のきっかけづくりとする.
 また,新たな活動の広がりに対応するため,移転も含めて検討する.

2015年度事業報告

浦和活動支援センター

登録者:46人

1)登録者の状況

 平均年齢48.2歳(40歳以上36人〈78.3%〉).男性27人,女性19人.家族同居29人(63%),単身生活17人(37%).仲間と交流したい,将来働くことを目指して生活リズムを整えたいなどのニーズが高く,見学23人のうち体験利用12人,新規登録 9人であった。

2)今年度の取り組み

(1)安心感のある憩いの場づくり

 地域で暮らすための居場所の1つとして,気軽に来所し,安心して過ごせる憩いの場づくりと環境整備を行った.メンバーからの提案で自己紹介コーナーや図書コーナーなどが開設され,植物の水やりや掃除,洗濯など自主的に行うことも増えた.お互いの体調を気遣いながら,誰もが心地よく過ごせる場にするために,話し合って解決することを心がけた.継続的な来所につながらない登録者に対しては,個々の生活状況に合わせて訪問や面接を行い,来所や別の社会資源等につなげる支援を行った.

(2)仲間づくり,人との交流の機会づくり

 毎年恒例の季節の行事に加え,ブックカフェ(読書会)や折り紙を楽しむ会,農業体験など,新たな取り組みを開始した.
 法人主催のバザー,3活動支援センター合同旅行への参加,ゆずり葉(地域のサロン)見学など,法人内外の行事や取り組みにも積極的に参加し,地域活動支援センター以外の人や仲間と交流する機会を増やしてきた.
 月1回の「浦和ミーティング」では,行事などの企画や,暮らしに関わる社会情勢などの学習を進めた.活動報告や日常の様子を伝えるための情報紙の発行(年5回)も継続した.企画について,より良い内容にしようという雰囲気が生まれ,メンバーからの発案も増えた.
 また,昨年に引き続き家族同居の登録者を対象としたグループ活動を行い,将来に向けた共通の課題を語り合うことでつながりを深める機会となった.

(3)健康状態の改善に向けての支援

 内科疾患など健康課題のある人に対して訪問や同行支援を通して生活状況の把握を行い,関係機関とも連携しながら,支援態勢の組み立てを進めた.また,「健康だより」を活用し,熱中症予防や感染症対策についても注意喚起を行った.食事の栄養バランスや分量をイメージするきっかけとなるよう,毎週水曜日にランチの提供を行った.

(4)家族とともに行う活動づくり

 ランチづくりに有志家族による「お助け会」の協力を得た.お助け会は,ランチメニューの検討だけなく,日頃の悩みや,親亡き後の心配を語り合う場にもなった.

3)今後の課題

 住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるために,仲間や地域資源とつながる場,家族同士が交流する場としてのニーズが高まっている.見学はしたが登録につながらなかった人など,本人が希望する資源が地域にないことで,人とのつながりが持てずに暮らしているなど,必要とされるニーズに対応できていない状況がある.
 次年度以降は,地域の他の関係機関とも協議を進め,新たな活動づくりを模索する.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.