公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

大宮中部活動支援センター

cyubu
〒330-0834
さいたま市大宮区天沼町2丁目956
Tel.048-643-2624 Fax.048-643-2655

2017年度事業計画

大宮中部活動支援センター

 登録者は34人.平均年齢は56.8歳.加齢や生活状況の変化により,在宅中心の生活を送る人も増えてきている.年齢を重ねても住み慣れた地域で孤立せずに健康を保ちながら暮らしていけるよう,関係機関と連携をしながら必要な支援や環境整備を行っていく.具体的には,登録者やその家族のニーズを把握しながら,必要な活動を行う.また,地域で孤立している人が利用できるように,安心して過ごせる場を用意し,仲間づくりのための活動に取り組む.更には,地域住民のニーズ把握を進め,活動支援センターが地域の資源として果たすべき役割を整理していく.

2016年度事業報告

大宮中部活動支援センター

登録者:35人

1) 登録者の状況

 平均年齢56.6歳.40歳以上(31人<約90%>).男性16人,女性19人.家族同居8人(23%),単身生活者17人(49%),グループホーム10人(29%).日中の居場所づくりや仲間との交流,夕食宅配サービスの利用等のニーズがあり,新規登録者は3人であった.

2)今年度の取り組み

(1)健康課題の改善に向けての取り組み

 加齢に伴い,糖尿病や高血圧等の生活習慣病,腰痛等の身体機能の低下がみられる人が増えている.健康状態や生活の状態を把握するため,訪問支援や受診同行を行い,関係機関と連携しながら支援環境を整えてきた.また,定期的に身体を動かすことを目的としたテレビ体操や個別での血圧測定の機会を設けた.
 今年度は,ダイエットや健康づくりの機会として,ゆるやかな散歩活動「ひよこクラブ」を立ち上げ,週に1回取り組んだ.地域を散策する機会もつくり,目的や楽しみをもちながら参加ができるよう,話し合いながら活動内容を検討してきた.また,栄養バランスのよい食事をとる機会として,夕食宅配サービスを14人が利用した.

(2)安心して過ごせる憩いの場づくり

 安心して過ごすことのできる憩いの場づくり,日中活動の充実や仲間と交流する機会として,ホットサンドやランチづくり,映画鑑賞会,季節の行事を開催した.また,日頃の思いを気兼ねなく語らえる場として「お茶の会」を引き続き開催した.プログラムがあると参加しやすいという人もおり,ニーズに応じた活動づくりが求められている.

(3)地域とのつながりをつくる取り組み

 今年度新たに,地域の人や仲間同士の交流を目的に,3つの活動支援センター合同で企画したイベント「里っこまつり」を開催した.他事業所の方や近隣の方など,たくさんの人が来場し,ゆるやかに交流できた.他の活動支援センターのメンバーとも顔を合わせ,横のつながりを広げる機会にもなった.その他,活動支援センター合同で,一泊旅行や防災訓練を行い,仲間同士の親睦や防災意識の向上を図った.

(4)情報発信や意見交換の機会

 月例ミーティングを継続し,社会情勢の学習や行事,活動してみたいこと等について話し合った.今年度は「純喫茶に行きたい」「美術館鑑賞をしたい」などの声を実現する柔軟な活動づくりに取り組んだ.政策学会埼玉大会やきょうされん署名活動にもメンバーと職員が参加し,自分たちが住みやすい地域づくりについて考えた.また,活動支援センターの取り組みを載せた情報紙「TUBE TIMES」を年2回発行し,日常的な来所が困難な登録者にも情報を届けた.

3) 今後の課題

 加齢や生活状況の変化により,自宅中心の生活を送る人が多く(約30%),登録者の半数以上がヘルパー等の支援を利用しながら生活している.住み慣れた地域で暮らし続けたいと願う登録者は多い.そのためには,様々なニーズに適切に対応できる支援態勢や,地域づくりも視野に入れた活動展開も必要である.次年度も活動支援センターのあり方について検討を続け,地域に求められている役割を明確にし,活動支援センターの機能を活かしていけるよう取り組んでいく.
oomiya_tyuubu

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.