公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

サポートステーションやどかり

KAIKAN-G
〒337-0043
さいたま市見沼区中川562
Tel.048-687-2834 Fax.048-686-9812

さぽすて(書道教室)
さぽすて(書道教室)

写真をクリックすると拡大表示します.

2017年度事業計画

(1)サポートステーションやどかり

 今年度も多機能型事業所として,以下の4つの事業に取り組む.
 ① 自立訓練(生活)(定員14名)
 個別支援計画に基づいて3か月毎の見直しを行いながら,集団で行うプログラム提供を行っていく.
 ② 生活介護(定員6名)
 通所することで生活リズムを安定させること,健康面へのサポートを重点的に取り組み,仲間と共に活動できるプログラムを充実させていく.
 ③ 宿泊型自立訓練(定員16名)
 精神科病院からの退院を進めるため,体験利用の際のアセスメントを丁寧に行い,入所の受け入れ態勢を整える.また,1人1人の生活状況に合わせ,他機関と連携しながら重層的な関わりができるよう個別支援態勢を充実させていく.
 ④ 短期入所(定員3名)
 市内関係機関と連携をとり,休息,緊急などの利用目的に合わせた対応を行う.

<重点課題>
 ① プログラムの充実
 自立訓練(生活)は2年間の期限があり,利用者のニーズに合わせたプログラムが必要とされる.生活介護の通所者と共に,仲間づくりを中核としたグループ活動や生活技術を習得するためのプログラムなど,ニーズに合わせた多様な活動づくりを進めていく.
 ② 地域移行・地域定着の強化
 昨年に引き続き,宿泊型自立訓練については,地域移行を進めるために,さいたま市地域移行・地域定着支援連絡会に参加し,市内関係機関と連携しながら,ピアサポーターによる支援を導入していく.また,地域定着を進めていくために,事業終了後のアフターフォローの体制を法人内外の関係機関と連携し,対応していく.
 ③ 地域交流イベントの定期開催
 法人内の事業所と連携し,やどかりテラスを活用した地域交流イベントを定期的に実施する.また,自治会活動に積極的に参加・協力し,地域の関係機関や人々とつながる機会を増やしていく.

2016年度事業報告

サポートステーションやどかり

 宿泊型自立訓練事業(定員16人)・自立訓練(生活)事業(定員14人)・生活介護事業(定員6人),短期入所事業(定員3人)で運営した.さいたま市を中心に関係機関と連携しながら,多様なニーズに対応できる活動づくりを進めてきた.今年度は生活介護事業の定員の見直しを検討していたが,態勢が整わなかったため定員の変更は行わず,活動内容の見直しによって受け入れの対応を行った.当事者支援員(ピアサポーター)事業は継続して受託し,さいたま市における地域移行支援・地域定着支援を進める人材養成と精神科病院に入院中の人たちに向けた個別支援をはじめとした支援態勢を整えてきた.

1) 今年度の特徴的な取り組み

(1)精神科病院に入院している人たちの受け入れを進める

 昨年に引き続き,当事者支援員(ピアサポーター)事業を受託し,毎月1回研修の機会を設け,当事者支援員の人材養成を行った.関わりや対応の中で困ったことや不安の共有,社会情勢の確認などを行い,必要とされる支援が行える環境づくりを進めた.9人が当事者支援員として雇用契約を交わして地域移行支援に関わった.
 今年度から,当事者支援員が退院に向けた検討会議に参加し,入院中から外出や外泊への同行支援,日中活動へ一緒に参加するなど,個別支援を丁寧に進めた.また,定期的に病院の作業療法プログラムに参加することで,入院中から関係を築き,退院に向けた支援を行ってきた.
 

(2)地域の一員として活動

 今年度もコンサート委員会を中心に,やどかりテラスを活用したクリスマスミニコンサートを企画,運営した.中川自治会の子ども会に声を掛け,子どもが楽しめる企画で,当日もたくさんの方に来ていただいた.中川自治会の行事にも積極的に参加し,自治会からの応援の要請があり,運動会の会場準備,当日の運営・片付けの手伝い,カレーライスの販売を行った.利用者とともに参加することができ,楽しい時間を過ごした.自治会の会員として,地域の中で一緒に活動する機会が増えた1年となった.

2) 宿泊型自立訓練事業

 精神科病院に入院中の人たちに向けた退院までの支援,退院後の生活を整える支援,地域生活への移行に向けた支援に取り組んだ.体験利用者は15人,新規利用者は8人,退所者は7人であった.

(1)利用者の状況とニーズ

 体験利用者15人の内,14人が精神科病院に入院中の人であり,体験利用をすることで入院中には気づかなかった生活課題を本人,家族,関係機関と共有することができた.また,利用者や職員との関係を築くこと,入所後の生活の不安を和らげることを大切にしながら,1人1人の体調に合わせた支援を行った.利用者の中には,入所までの待機期間が長くなることで利用意欲が落ちてしまい,途中で体験利用終了となる人もいた.一方で,宿泊体験と通所体験を組み合わせ,時間をかけて入所に向けた準備を行い,混乱することなく入所後の生活を始めた人もいた.
 入所後は,定期的に個別支援計画を見直し,健康的な生活習慣と食生活を身につけること,生活の知恵・生活技術を学ぶこと,仲間とのつながりをつくることを目指した.毎月1回,入所者ミーティングを行い,最低限のルールの確認や生活の中で困っていること,生活の知恵などをお互いに話し合った.今年度は,開催の周知が不十分だったために参加者が少なく,開催できないこともあった.
 今年度の新規利用者8人の内,7人が精神科病院からの退院後の住まいとして利用した.さいたま市内に住所があるが,家族の高齢化や住宅環境により同居が難しい,ひとり暮らしをしていたことがあるが支援態勢のない中で病状が不安定になった経験のある人も,地域生活を送るための一歩として,支援のある環境で生活を送る態勢を整えた.利用者の育ってきた生活環境を基にしながら,病状を安定させ,仲間や支援者との関係を築きつつ生活できるように個別支援を進めてきた.しかし,不眠が続いたり,食事や服薬が不規則になる,他の入所者と生活ペースが合わないことでのストレスなどが症状の悪化につながり,精神科病院に入院した人が3人いた.家族や関係機関と連絡を取りながら,入院中も生活面での支援を継続してきた.

(2)退所後の生活支援

 今年度の退所者7人の内,4人が単身アパート,1人がグループホーム,1人が家族と同居に移行,1人が精神科病院へ入院となった.5人が入所中から就労移行事業所や就労継続B型事業所,精神科デイケアへ通所し,地域の社会資源とつながり,退所後の生活を想定した生活スタイルを整えた.
 生活の場をアパートに移してからも,生活に必要な手続きの支援,生活上での困りごとにも対応できるよう,必要に応じて多職種チームでの訪問支援を行い,地域生活が安定するまで,1~3か月を目安に,支援を継続した.

3)自立訓練(生活)事業・生活介護事業

 1人1人のニーズに合わせて,集中力や生活技術,コミュニケーションの力を高めていくプログラム,創作活動,文化活動,体力づくりなど,多様なプログラムに取り組んできた.今年度の登録者は,3月末時点で自立訓練(生活)事業26人,生活介護事業23人であった.

(1) 利用者の状況とニーズ

 自立訓練(生活)事業の新規利用者は13人で,その内7人が宿泊型自立訓練事業,7人が在宅からの通所利用であった.通所を始めた人たちの多くが,これまで在宅中心の生活で,人と会う機会も少なかったことがわかった.「家の外に出る機会がほしい」「気の合う仲間と話したい」「将来は働けるように生活リズムを整えたい」などの目的で利用を始めた.プログラムを通して,定期的な通所を継続すること,通所に向けて体調コントロールができることを目指してきた.利用終了者は14人で,就労移行や就労継続B型事業所,地域活動支援センターなどへ移行した.利用終了後に食生活や生活費のやりくりなど,生活面での負担が大きく,体調を崩して精神科病院に入院となった人が,退院後,利用期間を延長して再契約し,生活の立て直しを行った.関係機関を含め,通所利用終了後も継続して生活を支える態勢づくりが必要である.検討中の訪問支援チームと連携した仕組みを考えていく.
 生活介護事業の新規利用者は2人.利用終了者は4人で他事業所へ移行した.昨年同様,在宅中心の生活によって体力が低下し,身体的なケアを必要とした人,家族関係のストレスで体調を崩しやすい人,生活リズムが整わない人など様々な目的で利用している.生活介護事業を利用する人の多くが健康面での支援を必要とし,看護職員による血圧・体重測定,身体機能の低下を予防するための運動指導,清潔を保つための入浴や体調に合わせた食事指導などを行ってきた.利用終了者は,身体的な機能低下に伴い,介護保険事業の利用に切り替えた人もいた.一方で,継続して通所することが負担となり,地域活動支援センターに通所することで生活の安定を図る人もいた.

(2) プログラム活動

 「ダイエットしたい」「身体の機能を低下させないようにしたい」「体力をつけたい」との声に応えるため,看護職員とともに新たに体操教室を始めた.20代~80代まで幅広い年代の人が参加し,声を出して楽しく体を動かす機会となっている.年度後半には,「無印の会」を立ち上げ,現在はお菓子づくりを中心に活動している.サポートステーションやどかりの利用者に注文を取り,お金を集め,お菓子を作ってみんなに配る一連の作業を継続することを大切にし,やりがいのある活動を目指していく.同様に,革工芸でも,昨年度から販売を始めた名前キーホルダーとしおりの作成を中心に取り組み,毎月1回,法人内の事業所に足を運び,販売に力を入れてきた.
 引き続き,創作・生産活動を通して,人とつながり,やりがいをもって取り組める活動づくりを進めていきたい.

(3) 仲間づくりの活動

 同じ目的・目標を持った人たちで集まり,グループ活動に取り組んだ.
 昨年度より始まった「ひまわりの会」は,1人暮らしに向けた簡単調理ができることを目標に活動した.買い物,調理,振り返りをワンセットにした内容で,個々の活動ファイルを作成し,調理工程を自身でも確認できるようにした.単身生活を始めた参加者からは,「実際にレトルト食品を利用して食事の組み立てをしている」と報告があった.また,「仲間と一緒に作ることで,食材選びの視野が広がった」との声もあった.参加者が退所となったため,今年度で終了となった.
 自立訓練(生活)事業の利用者を対象にした「わたげの会」は,今年度より新たに参加者を募って開催した.ひとり暮らしに向けた話し合いとチャレンジハウスを利用したひとり暮らし体験を行った.実際に参加メンバーがひとり暮らしに移る時に,仲間同士で声を掛け合い,引っ越しの準備を手伝うなど,お互いに励まし合う関係がある.また,「青空の会」では,退所後も体調を安定させて生活が送れているのか,お互いの近況報告のため,定期的にOB会を開催した.退所後も仲間同士のつながりがあることで,体調を大きく崩すことなく生活していることが確認できた.
「ゆっくりおしゃべりを楽しみたい」「自分の好きな音楽をみんなに聞いてほしい」との声から,「ホッとの会」として当事者支援員を中心としたプログラムを新たに始めた.体調のことや毎日の家での過ごし方など,ゆっくりおしゃべりしながら過ごす時間として開催することができた.

4) 短期入所(ショートステイ)事業

 今年度の実利用者は25人で,その内,20人が家族同居であった.障害者生活支援センターや行政機関と連携し,家族と距離をとり,お互いの休息のための利用,家族の外出時の利用,ひとり暮らしに向けた練習のための利用,生活リズムを整えるための利用,緊急時の利用と多様なニーズに対応してきた.
 精神科病院からの退院を進める際に,家族から離れてひとり暮らしの環境を整えるために,ショートステイを活用した人もいた.また,ひとり暮らしに移った後,寂しさや不安による精神症状を安定させること,食生活の乱れによる内科疾患の悪化を防ぐことを目的に定期的に利用する人もいた.体調を整え,地域生活を継続するための利用として位置づけ,できる限り対応できる態勢を整えた.
saposute

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.