公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

サポートステーションやどかり

KAIKAN-G
〒337-0043
さいたま市見沼区中川562
Tel.048-687-2834 Fax.048-686-9812

さぽすて(書道教室)
さぽすて(書道教室)

写真をクリックすると拡大表示します.

2018年度事業計画

(1)サポートステーションやどかり

 今年度も多機能型事業所として,以下の4つの事業に取り組む.特に,ピアサポーターを活用した地域移行を進めていくために,市内精神科病院や障害者生活支援センターなど関係機関とのチームづくりを積極的に進めていくことを重点課題として,精神障害のある人の地域生活を支えるために必要となる事業内容を実施する.
 ① 自立(生活)訓練は,14名定員で2年の利用期限の中で,定期的に通所することで生活リズムを整え,就労準備としての作業プログラムやコミュニケーションの力をつけていくためのグループワークなど,1人1人の目標に応じたプログラム提供を行っていく.
 ② 生活介護は,昨年度より定員変更について検討を続けてきたが,さらに先送りとし,利用希望の日が偏らないようなプログラムの見直しと個別支援計画の見直しを行いながら対応していく.また,健康課題を抱える人が増えてきていることから,介護予防や体力づくりを目的とした健康面でのサポートを保健師とともに充実させていく.
 ③ 宿泊型自立訓練は,定員16名で1人暮らしに向けた準備をする場として,精神科病院からの退院を進めていくために,入院中から体験利用を進め,ピアサポーターの協力を得ながら,退院に向けた支援ができるようにしていく.また,2年の訓練期間の中で地域生活の準備が整うよう,個別支援計画を丁寧に立てながら,支援を進めていく体制をつくっていく.
 ④ 短期入所は,定員3名で市内関係機関と連携をとりながら,休息利用や緊急利用など,利用目的に合わせた対応ができるよう態勢を整える.

2017年度事業報告

サポートステーションやどかり

 宿泊型自立訓練事業(定員16人)・自立訓練(生活)事業(定員14人)・生活介護事業(定員6人),短期入所事業(定員3人)の4つの事業を運営してきた.さいたま市を中心に関係機関と連携しながら,多様なニーズに対応できるよう活動の見直しを行いながら態勢づくりを行ってきた.

1)今年度の取り組み

(1)当事者支援員事業の受託

 今年度も,精神科病院からの地域移行・地域定着支援を進めていくにあたって,さいたま市当事者支援員養成事業として,当事者支援員(ピアサポーター)の派遣調整や研修を行った.現在6人がピアサポーターとして活動しており,毎月定例で研修会を開催し,障害福祉施策の動向や,個別支援の取り組み状況の共有を行った.また,さいたま市地域移行・地域定着支援連絡会議にも参加し,市内精神科病院や障害者生活支援センターをはじめとした関係機関と,地域移行を進めていくための具体的な支援のあり方についてグループワークを重ねてきた.精神科病院での面会や外出同行など,個別支援の動きも進んだ.今年度は精神科病院入院中の7人の支援に関わり,うち1人が退院となっている.
 今年度は,研修会へも積極的に参加し,精神病院をなくしたイタリアトリエステを取り上げた映画・講演会への参加,メンタルヘルスの集いの参加,全国ピアサポーターの集いに参加し,精神医療の歴史をあらためて学び,これからのピアサポーターの役割についても議論を深めることができた.
 具体的な支援を進めていくだけでなく,各精神科病院にピアサポーターの訪問を定着させていくことが,今後の地域移行を進めていく上での課題である.
 

(2)地域交流の機会

 地域との交流活動として,中川自治会の行事に積極的に参加してきた.自治会からも応援要請を受け,夏の盆踊り大会や運動会の会場準備,当日の運営・片づけの手伝いをいっしょに行った.利用者とともに参加することができ,楽しい時間を過ごすことができた.また,今年度はやどかりテラスの活用を意識して取り組んだ.秋には,大バザーで残った品物を活用し,ミニバザーを開催した.当日は天気が悪く,品物販売は事業所内に売り場をつくった.テラスでは,法人内の各部署に声をかけ,ピザや綿あめ,乾燥野菜の販売を行った.コンサート委員会を中心に,3回目となるクリスマスミニコンサートを企画,運営した(詳細は47P参照).中川自治会の子ども会に声を掛け,当日は多くの方に来ていただき,子どもたちの笑い声が響く,にぎやかな1日を過ごすことができた.

2)宿泊型自立訓練

 精神科病院に入院中の人たちに向けた退院までの支援,退院後の生活を整える支援,地域生活への移行に向けた支援に取り組んだ.体験利用者は13人,新規利用者は5人,退所者は5人であった.

(1)利用者の状況とニーズ

 今年度は,年間を通して利用者の入れ替わりが少なかった.2年間の利用期限内に住まいの場をみつけられず,3人が期間を延長して利用することになった.体調が不安定になったり,内科疾患がみつかったりしたことで,入退院を繰り返すことになり,生活のイメージが作れずに物件探しが遅れたことが要因の1つであった.精神科病院や障害者生活支援センター,行政機関等と相談した上で,体調を戻すために期間延長を行った.その間に,改めて本人に必要な支援を検討し,移行に向けて進めた.
 精神科病院からの体験利用者は12人で,地域移行支援事業の利用は4人であった.当事者支援員による外出・外泊時の同行支援があることで,安心して体験利用を行うことができ,回数を重ねることで仲間との関係を築くことができてきた.一方で,体験利用は入所者の空き室を活用しているため,定期的な利用が難しく,待機期間が長くなってしまった.
 今年度の新規利用者の特徴は,緊急ショートステイや精神科病院への入院をきっかけに,単身生活を目指しての利用が多かったことだ.これまでは家族が行っていた洗濯,掃除などの生活技術を身につけ,生活の中で定期的に行えるよう日中活動に合わせて生活習慣を整える支援を1人1人に合わせて行った.また,家族以外の人たちとの集団生活の中で,他者への気遣いや譲り合いといった人との関わり方を学べるような支援が求められた.しかし,生活の中で培われた経験を変えていくことは難しく,病状の不安定さにつながり,精神科病院に入院することになった人もいた.

(2)退所後の生活支援

 今年度の退所者5人のうち,4人が単身アパート,1人がグループホームへ移行した.入所中から,就労移行事業所や就労継続B型事業所,地域活動支援センター,精神科デイケア等へ通所をしており,生活の場が変わっても大きく生活習慣を崩さず過ごしている.退所後の生活が安定するように,入所中から関係機関や家族と連携し,支援態勢を整えて対応した.

3)自立訓練(生活)・生活介護事業

 今年度も多様なニーズに対応するため,創作活動,文化活動,体力づくり,目的を持ったグループ活動などのプログラムを中心に取り組んできた.3月末時点での登録者は,自立訓練(生活)事業23人,生活介護事業21人であった.

(1)利用者の状況とニーズ

 自立訓練(生活)事業の新規利用者は10人(宿泊型自立訓練事業5人,在宅5人).これまで自宅中心の生活を送っており,家族以外の他者との関わりが少ない状況にある人たちが,「外に出るための場所がほしい」「人と話をしたい」などの目的で利用につながった.また,すでに就労継続B型事業や地域活動支援センターなどに通っている人たちが,「自分の健康を考えて体を動かす機会がほしい」「楽しみや趣味を通じて余暇の過ごし方を考えたい」と目標をもってプログラムに参加してきた.利用終了者は12人(就労系サービス6人,生活介護2人,デイケア1人,在宅2人,入院1人),期間延長利用者が6人となっている.外に出る機会が少なかった人たちにとって,通所を継続することが最初の目標となっている.その後,半年から1年の時間をかけて,人と関わるための生活スキルを身につけていく.そのため,2年間の訓練期間の間に通所先をみつけていくことも難しい人も増えてきている.地域生活の中で,自分に合った過ごし方を選択できる日中活動の場を広げていく必要がある.地域活動支援センター等と連携しながら,新たな活動づくりを検討していく.
 生活介護事業の新規利用者は3人で,うち2人が自立訓練(生活)事業終了後の利用となっている.「趣味や楽しみを充実させたい」「仲間とのつながりの中で過ごしたい」などの目的でプログラム参加を中心に利用している.利用終了者は5人(介護保険サービス2人,転居1人,在宅1人,死亡1人)であった.今年度も,看護職員による血圧・体重測定,身体機能の低下を予防するための運動指導,清潔を保つための入浴や体調に合わせた食事指導などを行ってきた.地域生活を安定して送れるよう,プログラムでの集団支援と1人1人の状態に合わせた個別支援を組み合わせた支援態勢を整えた.通所日によって,利用者数の差が大きくなっており,送迎やプログラム運営などの見直しが必要となってきた.定員数を増やすことを検討してきたが,来年度は利用者が平均して通所できるよう,プログラムの見直しを進めていく.

(2) プログラム活動

 昨年同様,創作活動(書道,イラスト,革工芸,手工芸),音楽活動(ギター教室,コーラス,カラオケ),体力・健康づくり(体操教室,ウォーキング,健康教室),食事づくり,軽作業,パソコン教室など,午前・午後に分かれてプログラムを行ってきた.毎朝,ミーティングを行い,その日の体調や目的に合わせて,参加プログラムを決めて取り組んできた.1日6~15人が参加した.
 今年度から,法人内の就労事業所と連携しながら,見沼区役所でのピアショップ販売に取り組んだ.革工芸で作ったしおりや手工芸の手作り品などをいっしょに販売した.事業所から出て,自分たちの作品をアピールする機会となった.来年度は,ピアショップ以外での販売を検討していきたい.

(3) 仲間づくりの活動

 「わたげの会」は,昨年度からの参加者と退所時期が近づいた入所者を新たに含めて開催した.年度内に退所した参加者が3人おり,地域移行に必要な準備をグループ内で共有しながら進めた.ひとり暮らしで必要になる家電や家財道具を店舗に見に行き,リストを作ることで,買い物に必要な費用を確認できた.また,実際に地域で暮らしている仲間の家に訪問することで,地域生活のイメージをつくり,移るまでの具体的な計画を立てられるよう取り組んだ.
 「青空の会」では,グループ内の親睦を深める企画や外出イベント,定期的なOB会の開催などに取り組んだ.日々の暮らしの中で困っていることや体調を崩さないための工夫など,お互いの知恵を出し合う機会となった.
 来年度は,多様なニーズに対応するため,プログラム活動の見直しと合わせて,より明確な目標を共有できるグループ活動の立ち上げを検討していきたい.

4) 短期入所(ショートステイ)事業

 今年度の実利用者は19人.「ひとり暮らしに向けて家族と離れて過ごす練習がしたい」「ひとりでいることが不安な時に利用したい」「家族と喧嘩になる前に利用したい」などの理由で9人が新たに利用契約を行った.また,障害者生活支援センターや区役所支援課からの依頼で,緊急対応として2人を受け入れた.家族との折り合いが悪く,世帯分離するまでの短期間利用となった.日々の生活状況について関係機関と連絡を取りながら,必要に応じて調整会議に参加し,利用者本人が生活に困らないよう対応してきた.
 また,今年度も,精神科病院の退院の際にひとり暮らしの環境を整える期間としての活用,ひとり暮らし移行後の精神症状の安定のための利用,内科疾患の重症化防止としての定期利用と多様なニーズに対応してきた.上半期は,定員に達する日も多く,利用希望に応えられないこともあった.
 さいたま市内でもショートステイの利用希望は増えており,利用目的やニーズも多様化している.事業所の態勢づくりとともに,関係機関との連携を行っていくことの大切さを学んだ1年となった.
saposute

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.