公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

グループホーム

2018年度事業計画

グループホーム

 年齢を重ねても,身体疾患を抱えても地域で生活を継続できるよう,今年度は以下の4点について取り組む.
 ① 安全な住環境の整備
 2019 年度開設予定の新たなグループホームの準備に向け,さまざまな機会で話し合いを重ね,支援態勢や具体的な設備などを検討していく.
 ② 身体疾患の予防と悪化防止
 身体疾患で継続的な治療や食生活の改善など必要な人は,全体の76%に上る.健康増進プロジェクトチームと連携し,身体疾患の悪化防止や予防,適切な生活環境の整備,食生活の改善などに取り組む.
 ③ メンバー同士の支え合いの機会をつくる
 メンバーの交流会やグループホーム新聞の発行など,多くのメンバーが参加できる行事や広報活動の充実を図るとともに,ニーズに合わせた少人数でのグループ活動も行っていく.
 ④ 防災への取り組み
 日常的に防災の視点でメンバー1人1人の生活状況を把握するとともに,安全な居室環境を整えていく.また,入居者全員に働きかけ,防災訓練,避難訓練を実施する.

2017年度事業報告

グループホーム

 2017年度末の入居者は51人.新規入居者は2人.退去者は5人であった.年齢構成は60代が最も多く,今年度も加齢に伴う生活課題への対応を重点的に取り組んだ.

1)メンバーの生活習慣と環境の見直し

 5月,グループホームの一室で,たばこの不始末による火災事故が起きた.この火災事故を受け,改めて入居者全員の居室環境と生活状況の確認を行い,アパートごとでの防災ミーティングを実施した.喫煙習慣のある人の生活の見直しやコンセント,コンロ回りの清掃など,日々の防火対策について確認する機会とした.
 また,居室の安全環境を整えるため,一部設置されていなかった自動火災報知機の設置も進めた.

2)今ある資源を柔軟に活用する

 グループホームの入居者の中には,精神科病院からの退院後,体力の回復や心身のバランスを整えたり,食生活の見直しなどが必要な人がいる.そうしたニーズに応えるため,一定期間みなみハウスの空き室を活用できるよう調整した.その後,近隣のグループホームに転居したり,みなみハウスの茶話会に定期的に参加するなど,その人に合わせて活用することで安定した暮らしが継続されている.

3)健康課題への取り組み

 身体的な疾患を抱えるメンバーの健康課題の多くは,糖尿病や高血圧,高脂血症などの生活習慣病,また関節症,椎間版ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患が多い.その対応として,医療機関や家族との連絡調整,受診時の同行,体調変化の把握や生活環境の調整のための訪問支援を行った.
 また,疾患の早期発見や悪化防止のため,健康診断やがん検診を促し,51%のメンバーが受診した.さらに法人の保健師,看護師と連携しての健康状態の把握,受診同行,住環境の整備にも継続的に取り組んだ.

4)つながりや楽しみを感じる活動づくり

 加齢に伴い自宅中心の暮らしを送っている人も少なくないため,外出や仲間と交流する機会をもてるよう,数名のメンバーと職員で企画と準備を進め,グループホーム交流会を開催した.また,少人数でのグループ活動も実施した.グループホーム新聞は年3回発行し,メンバー紹介,行事報告,メンバーから投稿される詩やイラスト,漫画などを掲載し,入居者全員に配布した.

5)災害時に備えた体制整備

 災害時に対応できるよう防災訓練を行った.8月に,火災を想定した消防署への通報訓練と消火器訓練,3月に地震を想定した地区別の避難訓練,災害伝言ダイヤルの練習を実施.災害時,メンバーが主体的に備え,行動できるよう取り組んだ.

6)今後の課題

 メンバーの生活課題や生活状況の変化に合わせ,今後も柔軟な支援が必要になる.特に身体機能の低下に伴い,バリアフリーの環境整備や転居も求められ,住環境のバリエーションの拡充は今後の課題でもある.
 また,メンバーの健康課題についても,糖尿病や高血圧など,疾患の悪化防止のため日常的な見守りが必要な人から,転倒や心疾患といった突発的な対応が必要な人もいる.そうしたさまざまな状況にも,柔軟かつ迅速に対応できるよう態勢を整えていくことも課題である.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.