公益社団法人やどかりの里は,精神障害をもつ人たちが,地域で安心して暮らしていくために必要な生活にかかわる支援活動を推進しております.

やどかりF.C.

IMG_1666
IMG_1753
IMG_1767
IMG_1993
IMG_1995
IMG_2001
IMG_2003
IMG_2004
IMG_2006
IMG_2007
IMG_1666
IMG_1753
IMG_1767
IMG_1993
IMG_1995
IMG_2001
IMG_2003
IMG_2004
IMG_2006
IMG_2007

写真をクリックすると拡大表示します.

2018年度活動紹介

 フットサルの活動を通して,体を動かす機会や,スポーツを楽しみながらさまざまな人たちとの出会いや交流の機会を創っていく.近年,活動に参加するメンバーが減ってきてしまっている.定期的な練習の機会や話し合い,埼玉県内の精神障害者フットサルリーグ「Sリーグ」などの大会への出場などを通して,法人全体に参加メンバーを募りながら活動していく.また,地域の夏祭りへの出店やフットサルクリニックへの参加など,メンバーが参加しやすい活動づくりを進めていく.

2017年度活動報告

 やどかりの里のフットサルチームやどかりF.C.は,活動を開始して10年目を迎えた.近年,活動に参加するメンバーが減っており,他チームと合同で大会に参加するなど工夫してきた.今年度は,参加選手が足りず,大会には出場できず,活動が停滞してしまった.

1)交流会などへの参加と出会い

 今年度,埼玉県内の精神障害者フットサルリーグ「Sリーグ」への参加ができず,定期的な練習の機会を設けることもできなかった.フットサル大会IN埼玉実行委員会の運営委員として職員1人が参加し,その活動の1つとして,県内のフットサル交流会キャラバン企画が開催された.県内の東西南北中央で交流会を開催し,普及を図ることを目的とした.やどかりF.C.は,中央と南地区の交流会に参加.そこには,やどかりの里の登録者ではないが,フットサルに関心があるという人も誘った.交流会に参加した際に,川口市を拠点に活動しているチーム「F.C.KAWAGUCHI」に3/3開催の「さるサポカップ(フットサルwithサポーターズカップ)」に合同チームで出場しないかと誘いを受け,参加した.さるサポカップでは,強豪チームばかりで,勝てない試合が続いたが,皆あきらめずに戦い,最後の試合は接戦の末,貴重な勝利を収め,チーム一体となって歓喜の声を挙げた.メンバーは「初めて会う人も,見慣れた人もいたが,いっしょに楽しく参加できてよかった」と感想を寄せてくれた.

2)参加しやすい活動づくりを

 交流会や大会では,たくさんの選手が生き生きと躍動している.是非いろいろな人に触れてもらいたい.そのためにも,参加しやすい活動づくりや周知の工夫をしていきたい.

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人やどかりの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.