• オススメ
商品コード:
ISBN 978-4-904185-33-9

やどかりの里45周年記念出版 障害者権利条約とやどかりの里

販売価格(税込):
1,728
関連カテゴリ:
単行本 > その他
やどかりの里45周年記念出版編集委員会 編
発行:やどかり出版
A5判
本体価格1,600円+税
ISBN 978-4-904185-33-9
発行年月:2015年6月13日

 精神障害のある人の「ごく当たり前の生活」を求めて,1970年にさいたま市(旧大宮市)で活動を始めた「やどかりの里」が45周年を迎えた.やどかりの里は,精神保健福祉のパイオニアとして,街の中に障害者生活支援センターやグループホーム,働く場を点在させ活動の輪を広げてきた.

 45年の節目に,社会福祉実践の現場として2010年~2014年までの実践を障害者権利条約を物差しにして,やどかりの里の実践を1つ1つ障害者権利条約と照らし合わせながら振り返り,等身大の言葉で伝えている.どのページからも関わる1人1人の熱い思いとともに「障害者権利条約」が浮かび上がってくるものになっている.この1冊には,やどかりの里に関わる人たちの思いや願いが詰まっている.そして,誰かが考えるやどかりの里ではなく,みんなで考えてみんなで創っていくやどかりの里になっていることを感じさせてくれる.

 ぜひ,全国の人たちとともに社会福祉実践の質を高め合うための1冊になればと願っている.


主な目次

はじめに

Ⅰ.総論
障害者権利条約とやどかりの里  増田 一世

Ⅱ.検証 障害者権利条約と実践現場
障害者権利条約と社会的入院(中村 由佳 八木由美子)
障害者権利条約と相談支援(阿部 友恵)
障害者権利条約と労働支援(堤 若菜)
障害者権利条約とディーセントワーク(金子 猛)
障害者権利条約と文化活動(宗野 文)
障害者権利条約と高齢障害者(渡邉 寛之 若林那津子)

Ⅲ.私たち抜きに私たちのことを決めないで
座談会 1人1人が主人公 加藤 康士 清水 宏一 藤澤 康 渡邉 昌浩 佐藤晃一
座談会  家族の思い やどかりの里への期待  沼田 光子 松川慶子 平野和子 昼間 政江 東条 利男

Ⅳ.やどかりの里の5年の歩み
権利条約とやどかりの里の5年間 永瀬恵美子 三石麻友美

おわりに
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。