• オススメ
商品コード:
ISBN 978-4-904185-31-5

プラクティス2 精神保健福祉士(PSW)の魅力と可能性 精神障碍者(しょうがいしゃ)と共に歩んできた実践を通して 第3版

販売価格(税込):
2,376
関連カテゴリ:
単行本 > Practice
青木 聖久 著
発行:やどかり出版
A5判 256ページ
本体価格2,200円+税
ISBN 978-4-904185-31-5
発行年月:2015年6月

 著者は,大学時代の夏休み1か月,精神科デイケアでアルバイトし,精神障害のある人の魅力に引き寄せられ,NHKの青年の主張で,PSWになることを宣言し,この領域に自ら進んで足を踏み入れた.本書は,著者が,PSWという仕事と出会い,精神障害のある人たちと出会い,何事にも体当たりで挑戦してきた実践の記録である.病院ワーカーが活動の中で,医療の枠を越え,地域のワーカーとして生きはじめ,精神障害のある人たちの居場所づくりに邁進するようになった.本書には,社会に暮らす精神障害のある人たちのことを知って欲しい,彼らのことを伝えたい,そんな願いが込められている.

 今,日々の実践で悪戦苦闘しているPSWの方々,これからPSWを目指す方々に,「精神保健福祉士(PSW)の魅力と可能性」を感じていただける好著である.


【著者略歴】

青木 聖久(あおき きよひさ)
1965年 兵庫県淡路島生まれ.
1988年 日本福祉大学社会福祉学部卒業 大学卒業後,岡山、神戸の民間精神科病院のPSWを14年あまり勤める.
2002年4月~2006年3月 NPO法人居場所サポートセンター西明石(作業所)所長.
2004年4月~2006年3月 神戸親和女子大学講師.
2006年4月~日本福祉大学助教授. 2012年4月~同大学教授.

現在 日本福祉大学教授/社会福祉学博士/全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと:家族会)理事/日本精神保健福祉士養成校協会 理事・事務局長/日本精神保健福祉学会 理事/ 社会福祉振興・試験センター「精神保健福祉士」試験委員/精神保健福祉士(PSW)


【主な目次】 

第1章 価値の養成 

PSW「青木聖久」が誕生するまで

序.社会的背景と歴史 PSWである前に1人の人間として「青木聖久」を知っていただくことの意味

第2章 病院PSW実践 

精神科病院のPSWとしての約14年間

第1節 PSW人生のスタートは岡山県から

第2節 自由に色々とやらせてくれた神戸でのPSW実践

第3章 地域PSW実践 

だれもが,自分が住みたい地域づくりを目指して

第4章 社会へ伝えたい
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。